あの映画のココがわからない まとめサイト
このサイトについて | リンク集 | レスを通して読む
 
  
  
ホーム > 邦画:ホラー > CURE

CURE

(1997)

allcinema ONLINE - CURE
2-99 : 名無シネマさん :02/04/01 00:17 ID:GHfyQdMV
だいぶ前の話で恐縮です。
黒沢清の「CURE」 が全然わかりません!
頭の中が疑問符だらけのまま終わってしまったコワイ映画。

質問その1:役所が演じた刑事の妻は、
入院先の病院でどうなってしまったのか?

2-104 : 名無シネマさん :02/04/01 00:58 ID:1VYeTVga
>>99
黒沢清が原作小説出しているので読んでみました。
映画の中では解説されてませんが、最後のあの謎の建物ですが、
あれは昔、催眠術の研究をしていた病院で、そこの偉い先生の催眠術の方法を
習得した萩原聖人は自分に催眠術をかけたらしい。
なので、それを突き止めた役所広司が萩原聖人を捕まえに行ったらしい。
なぜこんなわけわからなくしたのかというと、監督の確信犯でそうやったほうが
海外での評価が上がるらしい

2-105 : 名無シネマさん :02/04/01 01:00 ID:1VYeTVga
>>質問その1:役所が演じた刑事の妻は、
入院先の病院でどうなってしまったのか?

やっぱり役所に殺されちゃったんじゃないでしょうか

6-43 :名無シネマさん :03/05/11 18:21 ID:SgIcKIK+
「CURE]
かみさんは死んだの?役所が殺したの?自殺??

うじきは自殺?役所が殺したの??

一真を逃がしたのは役所なの?見張ってた若い刑事が死んでたけど
あれって一真と接触したために自殺?それとも、役所が殺したの??
うんじゃ、なんで役所は捕まらないの?

さっぱりわからん・・
周りにいる、いろんな映画ファンに訊いても誰も答えられなかった疑問疑問です。

6-48 :名無シネマさん [sage] :03/05/12 02:29 ID:RGNhIYPx
>>43
奥さんは役所が殺した(自殺させた)んでしょ。
あのラストは役所も萩原と同じ力を得たってこと。

見張りの刑事が死んでたってことは、萩原が逃げるため
殺したと普通に思ってたけど、違うのかな?
うじきは頭おかしくなって自殺かな。自信ないけど

6-49 :名無シネマさん [sage] :03/05/12 08:44 ID:fjAAEMRP
うじきは自殺と思った
催眠にかかった自分に気づいて
逆らえないと分かってるから
事件を起こしてしまう前に自ら死を選んだと

6-330 :名無シネマさん [sage] :03/06/22 05:13 ID:84tvHOts
CUREのラストで役所がファミレスで
飯食ったあと、ウェイトレスが包丁を
手に持ってどこかに行こうとする
意味ありげなカット。
解説モトム。

6-332 :名無シネマさん :03/06/22 13:13 ID:ZT4sJbTT
>330

如何様にも解釈できるラストだが、『悪意(殺意)はすでに世間のアチコチ
に浸透してる』って事かな。ファミレスのありきたりの風景の中というのが
ザワリとする。

6-466 :名無シネマさん [sage] :03/07/14 14:31 ID:DDXfQGsn
なんかCUREに関して明確な答えがでてないようなので
恐れながら漏れと周りの友人とで話し合った結果の推論をのべておきまつ。


そも題名にもなっている「CURE」というのは日本語で治療するとか回復するとかそういう意味があるんだけど
この映画の場合「癒す」という意味でとってくだちい。
萩原に関わった人達が唐突に殺人を起こしていたのは、抑圧された欲望であるとかストレスであるとか、
そういうのを催眠術によって解放された、つまり「癒された」から、と推測する。
しかし、完全に癒された人間がなかなか出てこず(「俺はどうして殺人を・・・」とだいたいの殺人者が後悔している)、
萩原は次々とその実験対象を替えて行く。

うじきが死んだのは自殺。
催眠術の内容が上記のとおりである事を見透かしたうじきは、自分が殺人を犯す前に自らの息の根を止める。

ラストの役所の奥さんを殺したのは役所本人。
精神を病んでいた奥さんの看病に疲れていた役所を萩原が自分の死をもって「癒した」のだ。

そして萩原の目指した究極の「癒し」は役所によって完成する。
その証拠に奥さんを殺した後で役所はなんら後悔することなく悠々と食事をとっている。

このラストのファミレスでのウェイトレスが包丁を持っているシーンはウェイトレスのストレスなどを役所が「癒し」たのだろうと推測される。
(たしかなんかウェイトレスに対してやった記憶があるんだけどちょっとおぼろげ)

黒澤監督がこの映画で言いたかったことは普段接している友人や隣人がちょっとした引き金で簡単に殺人者になってしまう恐怖、
そしてその殺人という行為そのものは本人にとってはこの上ない「癒し」であるということ、だと思う


映画見たのだいぶ前なので色々おぼろげでスマソ。
意見ありましたらお手柔らかにお願いしまつ。

874人が参考になったと投票しています。

参考になりましたか?

邦画:ホラー
アナザヘヴン
狗神
回路
感染
CURE
黒い家
自殺サークル
呪怨
呪怨2
女優霊
着信アリ
ノロイ
ヒルコ 妖怪ハンター
仄暗い水の底から
マタンゴ
世にも奇妙な物語 映画の特...
らせん
リング
『リング』シリーズ
リング0 バースデイ

ジャンル一覧

ヒューマンドラマ
恋愛ドラマ
青春ドラマ
スポーツドラマ
社会派ドラマ
ドキュメンタリー
歴史・文芸ドラマ
戦争・ミリタリー
西部劇
ギャング
サスペンス
アクション
アドベンチャー
コメディ
ミュージカル
ホラー
SF
ファンタジー
アニメ・ファミリー向け
邦画:ドラマ
邦画:コメディ
邦画:ホラー
邦画:サスペンス
邦画:アクション・SF
邦画:アニメ
邦画:時代劇

  
  
ホーム | このサイトについて | リンク集 | レスを通して読む
↑ページの一番上へ